独り言シーズン5


by hisaom5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「ホタルが見れる場所」のからくり

岡山に来てから毎年のようにホタルを見に行っていて、ほぼお決まりのイベントのようになっている。最初のうちは近所の旭川の支流で数匹のホタルを見ていたのだが、昨年からは妻がそれに飽きたらず、少し足を伸ばして見に行くようになった。

今年は車で1時間近く行ったところにある備中鐘乳穴(「かなちあな」と読むらしい)に、ヒメボタルの群生を見に行くのだと。普段は午後5時までしかやっていないが、今週・来週の土日は夜9時30分までやっていてホタルが見られるのだと。

「洞窟でホタル? どんなホタルや?」と思いつつ車を走らせ現場へ。車を駐車させ入場料を払いゲートを通り抜けてどんどんと坂を下っていく。その途中の道に人が隙間なく立っていてホタルが見えないか待っている模様。どうも洞窟内ではなくてその近くにホタルがいるらしい。そりゃそうだな。

まだ少し明るかったのでそのまま坂を下りきったところにある鍾乳穴に入った。鍾乳穴はそれなりのスケールで(天然記念物らしい)、悪くなかった。700円の価値があるかといわれると「?」だが。

鍾乳穴を見終わって(中はとても涼しかった)、坂をのぼり人がたくさんいるところに差し掛かった。私達も足をとめホタルが見えないか暗闇に目を凝らす。確かにたま〜にホタルらしき光が。せせらぎのある足元ではなくて、随分と上の方を飛んでいる。

待てど暮らせど「群生」は見えてこない。次男が「もう帰る」と言い出す。長女が「去年行ったところのほうが良かった」と言い出す。「ここ(あるいは今日)は外れだったな」と坂道を登った。

ところが、坂を登り切る手前入場ゲートの近くで森のほうを見ると、無数のフラッシュライトがパチパチまたたいていた。ゲンジボタルのような優雅な光り方ではなくて早いがそれはそれで面白い。

しばらくその様子を楽しんだ後、帰りに入場ゲートでチケット係のおじいさん方に話を聞くと「下の方は寒いからホタルはおらん」と。えぇ〜、みんな下の方で一生懸命見てますよ。

ゲートを出て駐車場にまで上がってきたが、よく見ると駐車場の周りの森でもたくさんホタルが光っている。ああヒメボタルって陸生なんじゃん。私はその光の1つに近づいて懐中電灯で照らしてみた。そいつは幼虫だった。

陸生のホタルはアメリカにもいた。幼虫はカタツムリなどの陸生の巻貝を食べる。そう聞くとなんだか可愛くなくなってしまう。幼虫が水生のゲンジボタルだってカワニナという巻貝を食べてるんだから同じようなもんなのだが、でもやっぱりなんだか可愛くなくなるから不思議だ。

「あっちの水はかーらいぞー、こっちのみーずはあーまいーぞー」という歌が意味をなさなくなってしかうからかもしれない。

そんなこんなでホタルの群生は見れたし良かったのだが、なんだか腑に落ちないところもある。私たちはホタルを見るためにわざわざ金を払って鍾乳穴に行く必要があったのだろうか?

確かに私達は鍾乳穴自体が初めてだったのでそれはそれでいいし、たぶん下の方でホタルを見ようと頑張っていた人たちも、その行動を見る限りみんな始めて来た人たちだったのだろう。だからその部分はいい。

しかしホタルの群生と洞窟の間に何か関係があるだろうか?その辺の森を見れば無数のホタルが見えるのだ。なんか上手いことセットにされて入場料を取られた気がする。見事な「からくり」とも言える。

ただ、夜に家族でホタルを見に行くという機会を作ってもらい、日本の陸生ホタルのことを知るきっかけを作ってもらい、さらにこういうホタルの見せ方(商売)もあるのだということを教えてもらい、トータルとして十分満足できるものだった。
[PR]
by hisaom5 | 2013-06-30 19:51 | 日記