独り言シーズン5


by hisaom5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

実験してみないとわからないことは山ほどある。

ここ最近、めちゃめちゃ実験している。ポスドクの頃なみに。授業や書きものをしなくても良い状況が生まれているからだが、本当に久しぶりだ。

実験というものに対する喜びやら何やら色々感じている。それと同時にPIである私がこんなに実験してていいのだろうかと思ったりもする。来週からは出張も入るのでこの流れが間違いなく絶たれるのだが、色々計画している実験、どこまで突っ込めるだろうか。

最近はテクニシャンや学生さんに指示を出して、その実験結果を解釈してディスカッションして、また指示を出すということの繰り返しだった。

テクニシャンのMさんの技術は高く、私がやったらうまくいかないかもと思う実験もある。それでもその他たくさんの実験に対する経験・技能は私が一番もっている。この力を使わないのはやはりもったいない。PIになると実験をしなくなる人も多いが(実際他のことで忙しくて実験ができない)、それはかなりもったいないことだと思う。

そしてどんな些細な事でも実験してみないとわからないということがある。現場で自分で実験してみて初めて「ああそういうことだったのか」と気づくことも多い。それが案外簡単な、一生懸命考えればわかったかもしれない人為的なことだったりもする。でもありえる可能性をすべて想定し尽くせるほど人間の(私の?)頭は優れていない。それが実験を一回するだけでクリアになることが多々ある。

「ああそういうことだったのか。」という結果が出た場合には、自分の知恵の足らなさを悔やんだりもする。一方で、それは実験のあらゆる場面で起きるので、やはりグダグダ考えるよりも「まずはやって見ること」が重要だと思う。

そして多分人間というものには実験している最中にしか働かない直感のようなものがあるのだと思う。対象に対して著しく集中しているからこそ起きる「ひらめき」。これを何度体験したことか。これも実験をしなければならない理由だと思う。

そんなこんなでバリバリ実験したおかげで、いくつかの点に関しては答えが出た。仮説どおりに行ってそうなワクワクする結果も出た。その結果をみて次の実験を考え、仕込みも始めた。さあどこまでいけるか!?
[PR]
by hisaom5 | 2013-07-18 12:29 | 日記