独り言シーズン5


by hisaom5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

新しい実験いくつか。

今日、知り合いの研究者からメールが届いて、ある技術に関する情報をもらった。数年ほど前から懸案だった問題を解決できるかもしれない技術。普及し始めたのは最近だが、10年も前酵母で試した論文が存在し、その技術の存在を知らなかったことを悔やんだ。

「技術」というのは、それが導入されることであっという間にブレークスルーが起きてしまうことがある。常にアンテナを張っていなければならないのだが、それがなかなか難しい。今回のようなケースは私のサーベイが足らなかったとも言える。逆に言えば、この時点で知り合いの方から情報が入ったというのはラッキーだったとも言える。

すでに後れをとっているかもしれないが、早速実験をデザインする。私のような分子生物学の研究者の場合、基本的には実験のデザイン=プラスミドDNAのデザインである。その技術を試すようにプラスミドを設計し、それを実際に作るためのプライマーを合成する。ワクワクする実験だ。・・・まあとは言っても大発見はないだろうけど。

ちょっと前の研究会に出ている時に、別の実験も思いついた。これも上記と同じようにすごい発見はないだろうけど、ワクワクできる実験。これもすでにプライマーをデザインして、今日学生にプラスミドを作り始めてもらった。

それからその前の科研費の応募の時に思いついた実験。こっちは少しタフだが、大きな仕事になる可能性がある。自分たちでは作れない道具(菌株とプラスミド)が必要なので、それを入手したのだが、送っていただいた相手が間違ったものを送っていて(気づいてよかった)、送りなおしてもらっている分、時間がかかっている。タフな分だけ若干テンションが下がり始めている。ある程度予備実験を終わらせておいて、来年度からスタートする学生のテーマにならないかと思っている。

ポコポコと小さなアイデアを思いついては実験データを出す、というところまではいいのだが、ちゃんと論文としてまとめるのが大変だ。結局データを詰めたものでなければ自分も情熱が注げなく、かといってそこまでのレベルまでデータを詰めるというのが難しい。とか言ってないでそろそろまとめないといけない、小さな思いつきから始まった膨大なデータの塊がある。

今目の前にあるリバイスをさっさと終わらせて、この塊に挑まなければなるまい。それがこの冬の一つの課題だ。上記のワクワク実験をやりながらうまく進めていけたら良いのだが。


[PR]
by hisaom5 | 2014-11-21 19:26 | 日記