独り言シーズン5


by hisaom5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

友人来る、Ingressがもたらす奇妙な体験

長岡から友人が来た。次の日から始まるワークショップの前入りである。前回来た時、私が長岡に行った時と温泉に行っているので、今回も温泉に行くことにする。近くにある、割と古くからある温泉施設に行ってみる。最近、健康ランド的な施設があちこちに出来たので経営にも苦労しているんじゃないかと思ったりもするが、私たちが行った時には、おばさま方の団体が来ていた。

岩盤浴をして、露天風呂に入りながら、あまり景気の良くない話をした。その後、いつも行っている地ビールの店に行き、また、景気の良くない話をした。そのまま歩いて駅前まで行き、ラーメンを食べて解散。

私はその後、Ingressのポータルをハックしながら帰宅することにした。いつも駅前から30分くらいかけてひたすら歩いて帰るだけだったが、Ingressをやっていると歩くことにも目的ができる。

以下は、Ingressをやっている人しか分からないと思うが、面白い体験をしたので。

夜の真っ暗な運動公園で、エネミーポータルをハック、多少の攻撃をやっていた時のこと、目の前でエネミーポータルがあっという間に破壊されニュートラルに。ラッキーとばかりにデプロイしまくった。すると、周りのエネミーポータルが次から次へとニュートラルになっていく。

「え?もしかして私のためにやってくれてる?これが世に聞く、上級者が下級者のレベルアップを助けている状態か!」、周りを見回すと確かにライトを灯した自転車が止まっている。しかも二人組のようだ。さらに、彼らのデプロイの名前を見ると・・・いつも職場の近所のポータルを占領している上級者たちじゃん!・・・彼らは間違いなく近くの学部の学生たちだ。

さすがに恥ずかしくて木の影に身を隠したりしながらも、でもレベルアップはしたいので、忍者のように移動してポータルに近づき次々とデプロイしていく。彼らは自転車、こちらは徒歩なので、裏をかかないと見つかってしまう。いや味方なのだから見つかってもいいのかもしれないが、こちらがおっさんだとバレるのは非常に恥ずかしい。

・・・というわけでおかげさまでたくさんのAPを稼がせていただいた(レベルアップは出来なかったが)。とりあえず、「お世話になりました」とメッセージを送り、帰宅した。あとで気づいたのだが、私あてに「ファーストデプロイしちゃってください。」というメッセージが来ていた。いつも近場で戦っている下級の私のことをは、もちろん上級の彼らは知っているのだろう。

それにしても、真冬の深夜の運動公園、歌っている人たちがいたり、撮影をしている人たちがいたり、スケボーをしている人たち、ジョギングをしている人たちがいたり・・・そして、スマホでゲームをしている人達もいる。

Ingressをやりながら感じたことがある。

私は小学校高学年くらいから、近所のゲームセンターに通うようになった。そこに友だちがいるわけではない。ゲームがしたかったので、一人でそこに通い、たいていは一回だけゲームをして帰った。私が住んでいた地域の当時のゲームセンターといえば、不良の溜まり場だったので、不良に絡まれないように行って帰るのは結構勇気が必要だった。

余談だが、中学校時代のエピソード:ギャプラスというシューティングゲームをプレーしていた時の話。いつものようにプレーしようとやってくるとハイスコアが変わっている。私がそれを破る。また次の日そのハイスコアが破られている。それを破る・・・。ある時、たまたま居合わせて、ハイスコアを競い合っていたのが中学校の同級生だった辰吉丈一郎であることを知った。

話がそれた。運動公園という「フィールド」でIngressをやりながら、「ああ、子供の頃にゲーセンに行った感覚に似てる」と思ったのだ。あるいは、大学生くらいになって、バーチャファイターをやるためにゲーセンに通い、知らない、だけどいつも見る奴と戦うという感覚に。

だけど、Ingressはいくつかの点で違う。まず、最も違う点、そして私がそれに参加できる理由は、「お金がかからない」ということである。今は学生時代のようにゲームにお金をかける気にはならない。次に、フィールドがやたらと広いということ。歩きまわったり走り回ったり、自転車で動きまわったり。

ただちょっと気持ち悪いのは、近くで戦いながらスマホを眺めて、スマホを通じてコミュニケーションする点。・・・友達同士でやるのは楽しいだろうが、私のように「ソロ」でプレーしている場合には、しかも私のようなおっさんの場合には、なるべく「見られたくない」。

そこをどうクリアーするかが今後の課題のような気がしている。そんなことを「課題」にすんなって?!いいじゃないのぉ〜。



[PR]
by hisaom5 | 2015-01-31 18:24 | 日記