独り言シーズン5


by hisaom5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

グローバルリーダーシップ研修

「グローバルリーダーシップ研修」というものに参加した。大学が用意しているもので、受けるチャンスがあると言われたので申し込んだ。ただで勉強させてもらえるなんてあがたいことだ。


オーストラリア出身の講師による、グローバルなコミュニケーション、特にミーティングの進め方を中心に、ロールプレイとかを交えながらのレクチャー。私と一緒に受講したのは、学科長の教授が2名。学生の修論発表が控えていて超多忙な時期、しかも強制だそうな(今の私の気楽な立場に感謝)。


内容は、まあ留学経験と前職での経験がある私には「おさらい」の要素が強かった。でも、体系的におさらいをさせてもらえたことは大変ためになった。逆に、一緒に参加していた教授の先生方の態度や質問を聞いていて、自分にはすでにグローバル・コミュニケーションの端くれは身についているんだなと思った。


ただ、この大学でこの研修をもとに、会議のやり方が変えられるかというと、それは難しいだろう。というより、まずは日本語で「プロダクティブな会議のやり方」を研修すべきだと思う。


英語のみで、スピーキングも含めた6時間のレクチャーは、とても「脳に良かった」し、それが何とか乗り切れることがわかったことも収穫。一緒に研修を受けたことで二人の先生方とも深いレベルで知り合いになれたし、お二人の態度や考え方から学ぶことも多かった。特に一人の先生には人間的魅力も感じたし。


それにしても前職(のボス)から得たことを大きさを感じることが多い。今回もそうだ。彼はまさしく「グローバルリーダー」、近くにいるだけで知らず知らずのうちに学んだことはとても多かったんだなと今にして思う。これも、とてもありがたいことだ。ちゃんと役立てないといけない。


一つ納得いかなかったのが、(強制的に)参加していた教授のひとりが「こういうのは若い人が受けるべきで・・・」と盛んに言っていたことだ。その人は、研修内容をお世辞にもうまくやり遂げられていたとは言えなかった。その「心」はなんなのだろうか?「自分にはもうこの研修を役立てる機会がないから、先のある若い人がやるべきだ」ということだろうか。「若い人に譲るべき」ということだろうか。


役立てる機会なんかいつ来るかわからない。スキルがあって損をすることはない。私もいつかそう思う時が来るのだろうか?今は、若い人を押しのけてでも自分がスキルアップのチャンスを掴みたいけどなぁ。



[PR]
by hisaom5 | 2015-02-10 21:16 | 日記