独り言シーズン5


by hisaom5
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ハーフマラソン:ひとまず満足の行く結果

昨日はいよいよ人生2度目のハーフマラソン。昨年はじめて走って、2時間は切ったがタイムは少し納得がいかず、ゴールして足が痛くてまともに歩けず、に対するリベンジとして、この1年かなり走りこんできた。秋のリレーマラソンもひとつの目標だったが、真の目標はこの大会だったと言っていい。

先日も書いたように、狙うは1km5分で走り切ること。10km程度の練習ではこのスピードで走れるようになっていた。後は、レースのテンションでどこまでそれを続けられるかがテーマだった。スタート地点も前よりにとり、スタートロスを極力減らす方針で、かなりしっかりとした目標を立てて挑んだ。後は予想外のトラブルが起きないことを祈るのみ・・・。

スタートは、「設定タイム1時間30分〜2時間」のゾーンの少し後ろに位置した。スタートの号砲は聞こえたが、結局スタックした。始めの1kmで1分半ほどロスした。一緒に参加している友人たちをその後抜いたので、友人たちと同じようにもっと前に、あるいはそれよりも前のゾーンに次は出るべきかもしれない。

次の2−3kmは、意識はしていなかったが結果として設定タイムより20秒程度早かった。この辺りから、このコースは連続の上り下りがある。そこで少しタイムが乱されたが、基本的には1km5分を少しきるペースで走れた。練習でやってるので12kmまでは間違いなくこのペースで行ける。問題はその先だ。

13km、まだ5分を切れている。この後また上り。太ももの前後、ふくらはぎが少しずつ痛み始め、動きが悪くなっているように感じる。給水をすると呼吸が乱れ、なかなかなおらない。周りに走っているランナーの速度は私とほぼ同じ、いや少し遅れているか。

ここから先は辛抱あるのみ。「とにかく、残り3kmまで頑張ろう、そこでスパートをかける(かどうかを考えよう)」。1kmごとにiPhoneのランニングソフトがコールするタイムは、目標タイムより若干短い。これは常に私を勇気づけてくれた。そして最後の3km、スパートをかける、気力は残ってなかった。

2km、1km、スパートをかけるどころか、しんどくてたまらない。ペースを落としたくなる。だけど、ここでペースを落としたら絶対に後悔するにちがいない。出しきらずにゴールする訳にはいかない。そのために1年間やってきたんだから。この頃には大体のゴールタイムはわかっていた。最後の直線はひたすらに足を動かし続けた。

そしてゴール。1時間45分46秒。

1km5分という目標設定は(ほぼ)達成できたと言っていい。ちょうど良い目標設定をして、それに向けて練習をして、実際のレースでもタイムマネジメントをしながら、体力をほぼ使い尽くし、気力をつかって、このタイムが出せたことにとても満足している。

レース前には、これだけ入れ込んで準備したレースが終わってしまったら、無気力になってしまうのではないかと思っていたが、ゴールの感動がふつふつと蘇ってきて、「またチャレンジしたい」という思いが、すぐに湧いてきた。多分、次の目標はフルマラソン完走、そしてサブフォー。次から次へと目標が見えてくる、これがランニングの面白さだ。

それにしても、フルマラソンなどというとんでもないものに自分が挑もうと思うことは一生ないと思っていた。生涯のうちに一度でもフルマラソンを走り切ることはありえないと思っていた。それが今、それに挑戦しようという思いがわき、それほどとんでもない目標でもないという所まで来ている。おそらく今年の秋になると思うが、しっかり準備をしてのぞみたい。


[PR]
by hisaom5 | 2015-02-23 20:38 | 日記