独り言シーズン5


by hisaom5
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

留学計画

以前のエントリーに書いたが、国際共同研究のためのグラントに採択された。この研究費は、要するに「6ヶ月以上海外で研究してこい」という研究費だ。対象年齢が35〜45歳。つまり私は最後の応募のチャンスだった。

以前の大学では、それくらいの年齢になると(大学の経費で?)一年位留学させてもらえるのが普通だった。それが、大学の運営費交付金が削られている関係でここ数年は大学にそういう予算がなくなり、海外に留学する人がめっきり減ってしまった(んだと理解している)。ただでさえ「留学が減っている」と言われる古今、それではいかんということで作られたのがこのグラントなのだろう。

で、最近私自身が閉塞感を感じて新しい事をやりたかった事、この年代で海外に行きたい(行ける)人はそう多くなく多分採択率は高いだろうこと、いずれにせよ研究費が欲しかったこと、などの理由で応募したら、やっぱり採択された。

「採択されてしまった」と言っても良い。というのも、今の私はそれほど身軽ではない。アメリカに留学した15年前ほど若さも勢いもない。正直、渡航の事を考えると、しんどい。向こうでの生活はなんとかなるだろうとは思っている。行ってみなけりゃわからんけど。

一番大きな問題は家族だ。「家族全員で一年留学!」なんてことができたら良いが、資金の面、子供の学業の面でそれはとても難しい。私が滞在している間に短い期間だけ来るという事になりそうだが、それでも大きな出費になる。若いころは「なんとかなるさ」と思っていたが、今はわりと将来へのネガティブな展望が見えているだけに、この投資は大きな禍根を残すかもしれない。

幸い講義はあまりやっていないので、やっている分に関しては「開講せず」とさせてもらった。ラボメンバーはみんなしっかりしているので、ネットでやり取りをすれば私がいなくてもなんとかなるだろう。問題なのは学会・研究会。いろいろ「行きます」と言っているものがあり、これに不義理をするわけにはいかず、これが時期を強く制限してしまう。

そんな感じで考えれば考えるほど気が重くなる。でも、私自身「行かなければならない」と思っている。負荷のかかる挑戦をしなければ成長はない。これ以上成長しなくてもいいじゃないかという話もあるが、できるだけ頑張ってみようじゃないか。なりたい自分になるために。

1つ。このグラントに採択されたことをラボメンバーに話したら、とても喜んでくれた。私のレベルがさらに上がることを期待されているようだ。まあ逆に言うと、今の私の現状に不満を持っているのかもしれないけれど。

しんどい時にはそれをブログに書くことで自分を元気づけてきた。今回の「留学計画」もブログってみるかな。


[PR]
by hisaom5 | 2016-03-24 19:55 | 雑記