独り言シーズン5


by hisaom5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

投稿、渡航準備

原稿を一通りチェックして、投稿。電子投稿はかなりスムーズになった印象だ。投稿した後にミスをいくつか発見したが、マイナーなミスだから大きな問題にはなるまい。カバーレターとアブストラクトではそれなりに風呂敷を広げたので、エディターキックはないと思う。ので、レビューアーコメントがどうなるかということになろう。この論文は久しぶりに「勝負した」論文だ。一ヶ月後くらいに結果待ちで眠れない日々が来るのかしら。


ということで1つすっきりしたので、いよいよ渡航準備を始める。今回の渡航先は、カナダ最大の都市(らしい)・トロントである。トロント大学の(いちおう)知り合いの大御所の研究者のラボで、3ヶ月、頑張る。

一応、「最低限これだけは達成する」という研究テーマは決まった。わりと簡単に達成できる気もするテーマだが、慣れない海外のラボで実際にどうなるか、そしてそれがどこまで目標以上に広げられるか?

航空券を手配する、となると日程がFixする。本当にそれで良いのか、本当に悩む。大きな決定を自分でしなければならないほどしんどいことはない。いつも使っている国内航空会社のウェブページからだと意外に航空券が高く、もっと安いものを選ぶべきなのか悩む。しかし、先のことを考えたらあまり無駄なエネルギーを使わないに越したことはない。予定している渡航に十分な研究費をもらえているとはいえ、節約できるところは節約してラボの運営に回したいという気もする。研究費がかなり潤沢だった数年前にはあまり考えなかったことだが、今はそうも言っていられない。

次に宿泊先をさがす。Toronto apartmentなどと検索したら、Airbnbというサイトが引っかかってきた。これどっかで聞いたことがある。空き物を世界中の人に貸し借りできるようにしたサービスだ。さすが世界有数の都市トロント、検索したらいくつも物件が出てきた。問題はどのようなところに泊まるか。個室貸しなのか、まるまる貸しきりなのか。3ヶ月のうち家族が来る予定なのは1ヶ月足らずなので、それ意外の間個室貸しで安く上げるという手もある。しかし、個室貸しではオーナーと一緒に住むというストレスがある。私はそれに耐えられるのだろうか?一応、出張旅費を見積もってもらったら、予算的には少しゆとりがある。いろいろとケチな大学ではあるが、さすがに海外出張は安心して行かせてもらえるようだ(自分の研究費からの出費なわけだが)。

私を知る人はそう思っていないかもしれないが、私は旅行のストレスに著しく弱い。自分がケアレスミスを犯すこと、そしてそれをとても気にすることを知っているからだ。旅行という非日常は、普段侵さないミスを犯す危険性のオンパレード。もちろん予期せぬ事も起きる。いろいろと経験してそういうことへの対応は身につけられるようになっているが、だからといって慣れたわけではなく、むしろより怖くなっているのだ。そんなこんなで、今回も自分で決めておきながらかなり憂鬱なのだが、1つずつ物事を前に進めていく(GTD)しか、その憂鬱を和らげる方法はない。ということで今日すこし「探り」を入れたら少し気分が楽になった。

幸い(?)、しばらくは懸案事項はないので、もう一つの論文を書きながら準備をしっかり進めていこう。「旅行の準備」にどれくらいエネルギーを割いていいものかわからないが、準備はしっかりとしておかなければなるまい。そうしないと精神的にも良くない。

まあ実際、そういう「ウマ味」でもない限り、誰が喜んで海外にいくものか!、と言いながら若いころは行ったんだよな〜何も考えずに。いや何かそこにあると信じて。実際に得たものは大きかったと思うけど。この歳になってそこまで期待するものはないのだよ。でもきっと何かやれることがあるはずだ。


[PR]
by hisaom5 | 2016-04-25 19:24 | 日記