独り言シーズン5


by hisaom5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

再びエディターキック、信じて進むしかない

予想通りではあったがやはり早々のエディターキックだ。エディターのコメントも似たようなもので、このレベルのジャーナルに通すのは厳しいと思わざるをえない。そうすると通常はもう少しスペシフィックな雜誌に投稿ということになるのだろうが、私たちは変なことをやっているのでそういうホームジャーナルもない。この論文、自分ではとても面白いと思うので、とにかく世に出すことが大事。「発表されてから勝負だ!」と、アクセプト率の高いオープンアクセス誌に投稿する。

で、「この論文のジャンルは?」という選択肢を選ぶ際、自分たちのやっていること・志向していることにマッチするジャンルがなく、なんかしょんぼりする。「境界領域の新しいことをやってるんだぜ!」と息巻ければ良いのだろうが、リジェクトされたあとのしょんぼりした気分では、自分のやっていることを否定されたような気分にもなる。

エディターを選ぶ際にも、なかなか知り合いが出てこず、サイエンスコミュニティーからも外れているような気がしてくる。と思っていたらごく仲の良い知り合いの方がおられたのでその人に委ねることにした。分野が少々違うのでご負担をかけることになるかもしれないが、よろしくお願いします。


現在、ちょっと前の大きな仕事を終えた後に試行してきた、複数の新機軸のテーマがある程度まとまって発表の段階にある。正直それぞれは小粒だが、打ち出したいことははっきりしていて、それぞれが互いに結びついて1つのコンセプトになっていくはずだ。このやり方はあまり評価されないかもしれない。1つのしっかりした論文を発表するほうが評価されるのかもしれない。でも、とりあえず今は信じて進むしかない。少なくとも自分では、これら一連の仕事を発表し終わった時、これまでとは違う細胞の姿を提示できていると思っているのだから。



[PR]
by hisaom5 | 2016-05-05 17:07 | 日記