独り言シーズン5


by hisaom5
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:日記( 161 )

昨日はいよいよ人生2度目のハーフマラソン。昨年はじめて走って、2時間は切ったがタイムは少し納得がいかず、ゴールして足が痛くてまともに歩けず、に対するリベンジとして、この1年かなり走りこんできた。秋のリレーマラソンもひとつの目標だったが、真の目標はこの大会だったと言っていい。

先日も書いたように、狙うは1km5分で走り切ること。10km程度の練習ではこのスピードで走れるようになっていた。後は、レースのテンションでどこまでそれを続けられるかがテーマだった。スタート地点も前よりにとり、スタートロスを極力減らす方針で、かなりしっかりとした目標を立てて挑んだ。後は予想外のトラブルが起きないことを祈るのみ・・・。

スタートは、「設定タイム1時間30分〜2時間」のゾーンの少し後ろに位置した。スタートの号砲は聞こえたが、結局スタックした。始めの1kmで1分半ほどロスした。一緒に参加している友人たちをその後抜いたので、友人たちと同じようにもっと前に、あるいはそれよりも前のゾーンに次は出るべきかもしれない。

次の2−3kmは、意識はしていなかったが結果として設定タイムより20秒程度早かった。この辺りから、このコースは連続の上り下りがある。そこで少しタイムが乱されたが、基本的には1km5分を少しきるペースで走れた。練習でやってるので12kmまでは間違いなくこのペースで行ける。問題はその先だ。

13km、まだ5分を切れている。この後また上り。太ももの前後、ふくらはぎが少しずつ痛み始め、動きが悪くなっているように感じる。給水をすると呼吸が乱れ、なかなかなおらない。周りに走っているランナーの速度は私とほぼ同じ、いや少し遅れているか。

ここから先は辛抱あるのみ。「とにかく、残り3kmまで頑張ろう、そこでスパートをかける(かどうかを考えよう)」。1kmごとにiPhoneのランニングソフトがコールするタイムは、目標タイムより若干短い。これは常に私を勇気づけてくれた。そして最後の3km、スパートをかける、気力は残ってなかった。

2km、1km、スパートをかけるどころか、しんどくてたまらない。ペースを落としたくなる。だけど、ここでペースを落としたら絶対に後悔するにちがいない。出しきらずにゴールする訳にはいかない。そのために1年間やってきたんだから。この頃には大体のゴールタイムはわかっていた。最後の直線はひたすらに足を動かし続けた。

そしてゴール。1時間45分46秒。

1km5分という目標設定は(ほぼ)達成できたと言っていい。ちょうど良い目標設定をして、それに向けて練習をして、実際のレースでもタイムマネジメントをしながら、体力をほぼ使い尽くし、気力をつかって、このタイムが出せたことにとても満足している。

レース前には、これだけ入れ込んで準備したレースが終わってしまったら、無気力になってしまうのではないかと思っていたが、ゴールの感動がふつふつと蘇ってきて、「またチャレンジしたい」という思いが、すぐに湧いてきた。多分、次の目標はフルマラソン完走、そしてサブフォー。次から次へと目標が見えてくる、これがランニングの面白さだ。

それにしても、フルマラソンなどというとんでもないものに自分が挑もうと思うことは一生ないと思っていた。生涯のうちに一度でもフルマラソンを走り切ることはありえないと思っていた。それが今、それに挑戦しようという思いがわき、それほどとんでもない目標でもないという所まで来ている。おそらく今年の秋になると思うが、しっかり準備をしてのぞみたい。


[PR]
by hisaom5 | 2015-02-23 20:38 | 日記
最近、特に周りのことを何も考えずに実験しまくってる。

アイデアが連鎖的に湧いて来て、しかもちょっと前だったらやることをためらっていたかもしれない実験。どういう評価を受けるか知らんが、とにかく自分が面白いと思うこと、自分がやっておくべきだと思うことに次から次へと手を出している。

と言っても、実験系はルーチンなので、「アイデア→プラスミドや株づくり→アッセイ」の繰り返し。逆に言うとどれだけサイクルを回せるかが、どれだけデータが出せるかにかかっている。自分で獲得した研究費を自分のやりたいことにつぎ込む。大体それぞれの実験のコストもわかっているので、コスト―ベネフィットのバランスもとれている・・・と思いながら突っ走る。

楽しい・・・が、当然ずっとこのまま続けられはしない。研究はある時点でまとめにかかる必要があり、投稿すればそこで「評価」を受けることになる。研究費は、自分で取らなければすぐに尽きる。まとめた研究の評価(論文の質や量)は、研究費の獲得状況にも結びつく。前に進み続けなければいけない。同じ所にとどまり続けることはできないのだ。

話が少しずれるかもしれないが、私の研究室では、以前はよくイベントをやっていたが、最近はやらない(初詣を除いて)。今の私の研究室のステージは、そういうイベントを必要としない。それぞれのモティベーションで研究を進める高い意識をもった集団になってきているからだ。以前、若い学生がいた時は、研究へのモティベーションが低い学生たちに「研究室に帰属する」ということを楽しんでもらうためにイベントをやっていた。

今は、その必要がない研究室のステージということだ。6年も経てば生まれたばかりの赤ちゃんは小学校に上がる。小学1年生は中学に進学し、中学1年生は大学に入る。大学生一年生は社会人になっている。そんな中で、大学の研究室では毎年毎年同じことを繰り返す?

研究室が「箱」だと考えれば、その状態に違和感はないだろう。それぞれの学校は、入ってくる学生/出て行く学生はいて流動していながらも、毎年同じイベントを繰り返し行なっている。それが「教育」だからだろう。だが、私の研究室は、単なる箱ではない。研究室そのものが、状況に応じて毎年形態を変化させつつ前に進んでいく生き物だ。

多分それは、会社組織に近いのかもしれない。それも、小さな会社だ。ベンチャー企業や中小企業だ。常に戦っている会社では、のんびり遊んでいる奴らなんかいない。今の私の研究室はそのステージにある。同じ所にとどまり続けることはできないし、それをするつもりもない。

ただ、また「そういうステージ」が来たら、イベントしまくるかもしれないけど(嫌いじゃないので)。


[PR]
by hisaom5 | 2015-02-20 22:28 | 日記
ハーフマラソンまで一週間を切った。

土曜日に走って、昨日頼んでいた本が届いたので読んでみて、「新しいメソッド」を試してみようと走ったが、付け焼き刃は良くない。疲れがたまっているのを感じてリタイア。これは次に(もしフルマラソンを走るとしたら)活用しよう。

型破り マラソン攻略法 必ず自己ベストを更新できる! (朝日新書)

岩本能史/朝日新聞出版

undefined


ダイエットもそろそろ限界、これ異常やると逆に体力が無くなりそうなので程々にする。


午前中に届いたプラスミド関係で少し新しい実験を仕込む(つまりプライマーを設計して注文する)。手を広げ過ぎな気もするが、そういう気分になれているのは久しぶりだ。しばらくはこの勢いで突っ走ろう。

今日、終わらせるつもりだったレビューを終えられた。よかった。このジャーナルはレビューする方も楽でいい。ほんと「革命」だと思う。


[PR]
by hisaom5 | 2015-02-16 20:33 | 日記
今日は少し朝寝して、起きてから総合グラウンドで10kmのペースラン。このペースでハーフを走れるのかが疑問。ペースランを終えてからエージェント活動。この活動だけで7kmを走った。かなりAPもたまったし、いい仕事をした。

風呂に入り、ラボへ。

懸案の調べ物を終了し、プライマーを注文。その間にPCRをかけて(2つのうち1つしかかからず)、酵母を形質転換して今日の仕事は終了。ランをした後だからか、時々いいしれぬ幸福感が湧き上がった・・・このテーマ、ほんまおもろい。

今のテーマに関連して、3Dプリンターを買いたくてたまらない。今対象としているタンパク質を打ち出したい。買える予算はありそうだ、納入期限が間に合うか・・・そういうのはゴネればなんとかなるな。


[PR]
by hisaom5 | 2015-02-14 19:17 | 日記

学生さんたちの発表

風邪をひいたのか、どうも昨日から頭がふらふらする。長女は2日連続で学校を休んだので、風邪らしきものが家にもたらされているのは確かだろう。たっぷり寝たら多少元気にはなったが。

うちの研究室に出入りしている学生さん2名の修論発表があったので、発表会に参加した。この学科の発表会に参加するのは初めて。発表会には、分野ごとに組織ごとに慣例のようなものがあるので、部外者が行った場合には静かに聞いておくのが礼儀だというのが近年学んだことだ。

研究室ごとにそれなりの人数の学生さんが発表しており、みんなにある程度のクオリティーで発表をさせるのは大変だろうなと思った。ある程度の決まった「型」のようなものを作り、それを踏襲させる必要もあるだろう。そして、その型をうまくやり遂げさせることも教育といえる。

発表者の皆さん、指導した先生方、お疲れさまでした。


[PR]
by hisaom5 | 2015-02-13 20:29 | 日記

「グローバルリーダーシップ研修」というものに参加した。大学が用意しているもので、受けるチャンスがあると言われたので申し込んだ。ただで勉強させてもらえるなんてあがたいことだ。


オーストラリア出身の講師による、グローバルなコミュニケーション、特にミーティングの進め方を中心に、ロールプレイとかを交えながらのレクチャー。私と一緒に受講したのは、学科長の教授が2名。学生の修論発表が控えていて超多忙な時期、しかも強制だそうな(今の私の気楽な立場に感謝)。


内容は、まあ留学経験と前職での経験がある私には「おさらい」の要素が強かった。でも、体系的におさらいをさせてもらえたことは大変ためになった。逆に、一緒に参加していた教授の先生方の態度や質問を聞いていて、自分にはすでにグローバル・コミュニケーションの端くれは身についているんだなと思った。


ただ、この大学でこの研修をもとに、会議のやり方が変えられるかというと、それは難しいだろう。というより、まずは日本語で「プロダクティブな会議のやり方」を研修すべきだと思う。


英語のみで、スピーキングも含めた6時間のレクチャーは、とても「脳に良かった」し、それが何とか乗り切れることがわかったことも収穫。一緒に研修を受けたことで二人の先生方とも深いレベルで知り合いになれたし、お二人の態度や考え方から学ぶことも多かった。特に一人の先生には人間的魅力も感じたし。


それにしても前職(のボス)から得たことを大きさを感じることが多い。今回もそうだ。彼はまさしく「グローバルリーダー」、近くにいるだけで知らず知らずのうちに学んだことはとても多かったんだなと今にして思う。これも、とてもありがたいことだ。ちゃんと役立てないといけない。


一つ納得いかなかったのが、(強制的に)参加していた教授のひとりが「こういうのは若い人が受けるべきで・・・」と盛んに言っていたことだ。その人は、研修内容をお世辞にもうまくやり遂げられていたとは言えなかった。その「心」はなんなのだろうか?「自分にはもうこの研修を役立てる機会がないから、先のある若い人がやるべきだ」ということだろうか。「若い人に譲るべき」ということだろうか。


役立てる機会なんかいつ来るかわからない。スキルがあって損をすることはない。私もいつかそう思う時が来るのだろうか?今は、若い人を押しのけてでも自分がスキルアップのチャンスを掴みたいけどなぁ。



[PR]
by hisaom5 | 2015-02-10 21:16 | 日記

2週間前

いよいよハーフマラソンが2週間後に迫ってきた。

一年前始めて走って、直後は足が痛くて動けなかった。そこからこの大会を目指して一年トレーニングを積んできた。週一度以上走り、スピードトーレーニングも行い、体重も減らしてきた。明らかに体型は変わった。

目標は1時間50分を切ること。1km 5分のペースでどこまで走れるかチャレンジする。

明日から2週間前の調整に入る。まずは禁酒。週3度以上のトレーニング。体重は68kg以下に絞り込む(現在70kg前後)。3日前からのカーボローディング。

学生時代以来の気合の入った「大会」。やったるで。
[PR]
by hisaom5 | 2015-02-07 18:41 | 日記
今日はラボセミナーで発表。私がここのところやっている仕事を紹介した。年に数回しかやらないが、かなり気合を入れて準備をする。で、結構な達成感だった。
どう考えてそういうことをやっているかは、添付した手書きの文章に書いた。

アップしてみたら以外に小さくて読みにくい。横幅をきちんと考えてかかないといけないということがわかった。

c0287296_20330728.jpg



[PR]
by hisaom5 | 2015-02-05 20:39 | 日記
長岡から友人が来た。次の日から始まるワークショップの前入りである。前回来た時、私が長岡に行った時と温泉に行っているので、今回も温泉に行くことにする。近くにある、割と古くからある温泉施設に行ってみる。最近、健康ランド的な施設があちこちに出来たので経営にも苦労しているんじゃないかと思ったりもするが、私たちが行った時には、おばさま方の団体が来ていた。

岩盤浴をして、露天風呂に入りながら、あまり景気の良くない話をした。その後、いつも行っている地ビールの店に行き、また、景気の良くない話をした。そのまま歩いて駅前まで行き、ラーメンを食べて解散。

私はその後、Ingressのポータルをハックしながら帰宅することにした。いつも駅前から30分くらいかけてひたすら歩いて帰るだけだったが、Ingressをやっていると歩くことにも目的ができる。

以下は、Ingressをやっている人しか分からないと思うが、面白い体験をしたので。

夜の真っ暗な運動公園で、エネミーポータルをハック、多少の攻撃をやっていた時のこと、目の前でエネミーポータルがあっという間に破壊されニュートラルに。ラッキーとばかりにデプロイしまくった。すると、周りのエネミーポータルが次から次へとニュートラルになっていく。

「え?もしかして私のためにやってくれてる?これが世に聞く、上級者が下級者のレベルアップを助けている状態か!」、周りを見回すと確かにライトを灯した自転車が止まっている。しかも二人組のようだ。さらに、彼らのデプロイの名前を見ると・・・いつも職場の近所のポータルを占領している上級者たちじゃん!・・・彼らは間違いなく近くの学部の学生たちだ。

さすがに恥ずかしくて木の影に身を隠したりしながらも、でもレベルアップはしたいので、忍者のように移動してポータルに近づき次々とデプロイしていく。彼らは自転車、こちらは徒歩なので、裏をかかないと見つかってしまう。いや味方なのだから見つかってもいいのかもしれないが、こちらがおっさんだとバレるのは非常に恥ずかしい。

・・・というわけでおかげさまでたくさんのAPを稼がせていただいた(レベルアップは出来なかったが)。とりあえず、「お世話になりました」とメッセージを送り、帰宅した。あとで気づいたのだが、私あてに「ファーストデプロイしちゃってください。」というメッセージが来ていた。いつも近場で戦っている下級の私のことをは、もちろん上級の彼らは知っているのだろう。

それにしても、真冬の深夜の運動公園、歌っている人たちがいたり、撮影をしている人たちがいたり、スケボーをしている人たち、ジョギングをしている人たちがいたり・・・そして、スマホでゲームをしている人達もいる。

Ingressをやりながら感じたことがある。

私は小学校高学年くらいから、近所のゲームセンターに通うようになった。そこに友だちがいるわけではない。ゲームがしたかったので、一人でそこに通い、たいていは一回だけゲームをして帰った。私が住んでいた地域の当時のゲームセンターといえば、不良の溜まり場だったので、不良に絡まれないように行って帰るのは結構勇気が必要だった。

余談だが、中学校時代のエピソード:ギャプラスというシューティングゲームをプレーしていた時の話。いつものようにプレーしようとやってくるとハイスコアが変わっている。私がそれを破る。また次の日そのハイスコアが破られている。それを破る・・・。ある時、たまたま居合わせて、ハイスコアを競い合っていたのが中学校の同級生だった辰吉丈一郎であることを知った。

話がそれた。運動公園という「フィールド」でIngressをやりながら、「ああ、子供の頃にゲーセンに行った感覚に似てる」と思ったのだ。あるいは、大学生くらいになって、バーチャファイターをやるためにゲーセンに通い、知らない、だけどいつも見る奴と戦うという感覚に。

だけど、Ingressはいくつかの点で違う。まず、最も違う点、そして私がそれに参加できる理由は、「お金がかからない」ということである。今は学生時代のようにゲームにお金をかける気にはならない。次に、フィールドがやたらと広いということ。歩きまわったり走り回ったり、自転車で動きまわったり。

ただちょっと気持ち悪いのは、近くで戦いながらスマホを眺めて、スマホを通じてコミュニケーションする点。・・・友達同士でやるのは楽しいだろうが、私のように「ソロ」でプレーしている場合には、しかも私のようなおっさんの場合には、なるべく「見られたくない」。

そこをどうクリアーするかが今後の課題のような気がしている。そんなことを「課題」にすんなって?!いいじゃないのぉ〜。



[PR]
by hisaom5 | 2015-01-31 18:24 | 日記

生産せよ

昨年末リバイスを投稿した論文、アクセプトの連絡が来た。

まあ、「アクセプトは当たり前」の投稿先ではあったし、その状況ではあったが、嬉しくないと言えば嘘になる。以前の論文で「宿題」として残った内容を、グラント申請の予備データのために掘り下げ(グラントは落ちた)、そのまま学会発表用に仕上げ発表したら思ったより評判が良かったので、論文発表まで持っていった形。リバイスでどんでん返しがあったが、これは良い方に転んだといえる。

論文出版のパターンは本当に様々。今回も「新しい体験」がいくつもあった。

それにしても、どんな論文でも出版するのはそれなりに苦労がいるものだ。・・・とはいえ、このレベルの努力で発表できる論文で許してもらえるならば、サイエンスもそんなにしんどくはないと思わなくもない。

次の論文、「ライティングタイム」を習慣づけ、書き始めた。これは、かなり暖めてきた仕事。少し気合を入れて「高み」を目指したい。ただ、まだ暗中模索の状態。どんなストーリーになるか、書きながら「神」が降りてくるのを待つことにする。
[PR]
by hisaom5 | 2015-01-26 22:32 | 日記